高上青果有限会社  
   
       
    http://takajouseika.com  
新しい野菜のご案内「食べ物」について語り合おう


 土作りから収穫まで

現在、果物・野菜などを中心として西日本に100人以上の生産者が居ます。 この内の70%位が会社設立の時からの生産者の方で、この中の殆どが私同様父から継いだ2代目です。
今でもみなさんは初代からの考え(栽培方法)などを引き継ぎ、極力農薬・化学肥料を使わず、自分達で安全な堆肥を作り、または除草剤を使わずに作られた土地での栽培を行なっています。
収穫は生鮮品なので出来るだけ収穫してから短時間で消費者の元に届く様にするため、基本的に朝採りをし、野菜はその日の分だけ、または注文の数だけを収穫をしています。
果実は少しでも樹で熟れさせて早取りせず、一番美味しい状態でお客様にお届けできる様に勿論野菜同様、土作りも行なっています。


 除草剤を使用しない畑

除草剤を使用しない畑は、下の写真のように野菜の周りに雑草も一緒に生えています。
野菜と一緒に雑草が生えていても大丈夫なの?と思われるかもしれませんが、雑草が生えていることによって助けられることもあるんです。

<雑草のメリット>
1. 日照りが続くと、大きくなった野菜は雑草が蓄えていた水分を吸収しながら成長を続けます。
2. 枯れていった雑草はやがて土に戻って堆肥となり、大切な栄養を土に与えてくれます。

<雑草のデメリット>
1. 野菜の発芽の時期に雑草が生えていると、雑草に土の養分を奪われてしまい、野菜の発育が悪くなります。
常に大きい方の草が養分を吸収するので、野菜が小さいうちは養分を奪いかねない雑草を除去しなければなりません。
2. 雑草の除去。
そうです、野菜が小さいうちは、全て手作業で草むしりをします。この草むしりは大変時間がかかり、労力のいる作業です。
雑草と共に成長する野菜


 手作り堆肥

右の写真は手作り堆肥です。
この堆肥は、「できるだけ昔の土(ミミズなどが居た)に近づける様に」と大学などでも検査して貰い、化学肥料の様な有害な物を一切入れず、みんなが知っている物を沢山入れて作った『味道楽』グループのオリジナルの堆肥です。
この堆肥を使うと土の微量元素を補えて土が柔らかくなります。柔らかい土の中では野菜の根は伸び伸びと成長し、太陽の光もたくさん吸収して味が濃く、甘くて美味しい野菜が出来ます。
手作り堆肥


 品種選定

当社の野菜を中心とした品種は見かけはあまり変わらない物なども有ります。
大根1つにしても実は、少なくても何十種類も有るんですよ。
その中からその土地・気候などの条件の中、昔の品種や美味しい品種を選び、農家の栽培努力によって少しづつ変えてより美味しい品種や自分達にしかない様な味・香り・食感の野菜を一品一品作りました。
勿論一つの品種が決まったからと言って完成ではありません。
その年の天気で変わりますし、新しい野菜や美味しい野菜が日々沢山出る中で、私達のグループではたくさんの「美味しい」という声を聞きたくて努力を続けています 。
毎年お客様の声の元で何品かの新作・試作野菜などを作っています。

新しい野菜のご案内』 では、季節ごと(春夏秋冬)で収穫される品種を写真でご覧いただけます。

『味道楽』体にやさしい野菜を作る会 味道楽では選りすぐりのおいしい野菜や果実などをオンライン販売しております。


 農家募集!

当グループは体に安心で安全なおいしい野菜・果実などの生産と販売・委託販売を行っております。
私たちは、みんながこだわりを持ち、消費者のみなさんの「美味しいね!」という声を少しでも多く聞きたくて、できるだけ消費者との距離をなくし販売したいと心がけています。
みんなで販売・生産・配送をきちんと決めて自分達の仕事が出来る環境を作っています。
『一緒にやってみよう!』と思われましたら、ご相談だけでも構いませんので『お問い合わせ』ページより、是非お気軽にご連絡ください。 心よりお待ちしております。

TOP
  
Copy Right(C) 2005 Takajouseika Co.Ltd All Right Reserved.